出版業界の内容理解で新しい扉を開く|情報未来活用術

カラーチャート

簡単に本が作れる

本

出版業界では最近電子書籍で出版される本が多くあります。今は紙で出版し、その後電子書籍でも販売するということがよく行われています。その傾向は変わると予想されており、徐々に同時発売が多くなっているのです。そして今後は電子書籍からの発刊、そして電子書籍のみで販売される本や雑誌も多くなっていくことでしょう。今までの出版は特別なジャンルであり、選ばれた人しか販売することができないというイメージがありました。しかし、今では多くの人が本を販売できるような環境が整いつつあります。紙での販売が特別であったのは、流通の問題があります。本を取次に頼み書店に置いてもらうということなので、中間に多くの業者が関わってきます。その中間業者の利益を出すための本を販売しなければなりませんので、大量に紙を印刷し、その採算が取れるようなベストセラーを出す内容が珍重されるのです。そのため、販売される本は限られてくるということです。

しかし、電子書籍で出版すれば、流通にかかる負担を少なくすることができます。必要なのは電子書籍を出版するツールやシステムで、編集する手間や売上の管理ということになるので、関わる中間業者が少なくなります。そのことから、出版の裾野はどんどん広がっているのです。昔も自費出版をすることはできましたが、電子書籍で出版をすればより安い値段で自費出版ができます。手伝ってくれる業者もありますので、そういった業者にノウハウを教えてもらい、マージンを支払うことで簡単に自分が作りたい本を作ることが可能になります。