出版業界の内容理解で新しい扉を開く|情報未来活用術

カラーチャート

業界の構造を知る

本

出版に興味がある人ならその業界がどんな構成でできているのかを知りたいと思うはずです。求人を紹介しているようなサイトを見れば、就職をする人のために丁寧に仕事を紹介してくれているのでとても分かりやすく構造を理解することができます。子供に職業紹介をする時にもこういった情報は役に立ちます。特に出版業界は社会構造の重要な役割を担っているので、興味がある人も多いでしょう。
まず、本や雑誌の出版に関わる人とそれを販売する業者に分かれているという二層構造があります。その中でも細かく業種が分かれてくるので、実にいろんな業種があることに驚かされることでしょう。出版に関わった仕事をしたいと漠然と考えていた人は、これを見ることで明確な目標をもって職業を目指すことができるといえます。

出版の仕事には編集の仕事がありますが、本を作り上げる上ではこの編集者の力が必要になってきます。これをエディターともいいます。編集は企画から入稿までいろんな工程に関わってきます。本ができる過程としては企画、執筆、編集、入稿、校正、印刷、製本と分かれていますが、編集者が製本まで全てをディレクションするということもあります。編集の仕事は本を作り上げる仕事ということで、その範囲は企業によって異なるのです。編集が必ず関わる仕事とは原稿整理です。企画は持ち込まれる場合もありますが、本全体の構成を決めるのは編集の仕事です。重要なのが出来上がってきた原稿の内容を必ずチェックすることです。全体のディレクションが統一されていなければなりませんので、用字用語の統一をはかるなどが編集の仕事です。